夜泣きSOS!赤ちゃんを育てるママさん知っていますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

夜泣きの対処法!10ヶ月目の赤ちゃんの泣きやませ方は?

夜泣きの対処法は、生後何ヶ月目かで違ってくる場合があります。

 

生後10ヶ月目の赤ちゃんは、どのような夜泣きの対処法を行えば良いのでしょうか?

 

生後10ヶ月目の赤ちゃんについて

夜泣きの対処

 

生後10ヶ月目の赤ちゃんは、運動量が増えて活動範囲も増えています。

 

それに体も丈夫になってきているので、少し離れた場所にお出かけすることもありますよね。

 

ですから赤ちゃんの脳が、これまで以上に多くの刺激を受け始める時期でもあります。

 

よって、この刺激が原因で、夜泣きをすることも──。

 

夜泣きは体内時計も問題かも

 

赤ちゃんの体内時計、別の言い方をすれば生活リズムは、生後10ヶ月の頃は整っていません。

 

ですから決まった時間に起き、昼は体を動かし、夜は決まった時間に眠る。このように規則正しい生活リズムを、親が気をつけないと簡単に生活リズムがくるってしまいます。

 

そして夜泣きになるということも、多いようです。

 

夜泣きは対処の前に対策を

夜泣きの対処

 

夜泣きをしている赤ちゃんを寝かしつける対処も重要ですが、まずは夜泣きの対策方法を知っておきましょう。

 

夜泣きへの対策と、対処は並行的に行っていくことで、はじめて良い結果になります。

 

生後10ヶ月目の昼寝

 

生後10ヶ月目の赤ちゃんは、お昼寝の時間は1日に1回だけ。それも2時間以内に済ませて、毎日同じ時間に行いましょう。

 

生後10ヶ月目の生活サイクル

 

赤ちゃんだけでなく大人もそうなのですが、日光が目に入ることで、ホルモンの状態が変わり、覚醒状態と睡眠状態とに切り替わります。

 

ですから生後10ヶ月目の赤ちゃんも、朝が来たらカーテンを開けるなどして日光に浴びせてあげましょう。

夜泣きの対処

 

こうすることにより、赤ちゃんの脳が覚醒状態になります。

 

昼もまた、太陽光に当たる場所で体を動かさせたいものです。

 

もちろん日焼け対策を行ってですが。

 

夜になったら、眠る2時間前にはテレビなどの刺激物から、赤ちゃんを遠ざけましょう。

 

眠る直前まで、脳が刺激のある情報を受けていると、脳は興奮してしまいますので、眠らせるのが難しくなります。

 

夜泣きへの対処法

 

夜泣きをした赤ちゃんを、どうやって泣きやませればよいのでしょうか?

 

ここでは生後10ヶ月目の赤ちゃんを泣きやませる対処法を、いくつかご紹介させて頂きます。

 

夜泣きへの対処法
  • 体を温める

     ○特に下半身を冷やさないようにする
       ズボンなどは長い物を履かせる
       足をさするなどして温める
     ○冷たい物は避ける
       少し温めの物を飲ませる
     ○靴下は履かせない
       足の裏は体温調整のため出しておく

  • 夜は断乳する

     ○生後10ヶ月であれば夜中に母乳を当てなくても問題はない

  • 一旦完全に目を覚まさせる

     ○部屋の明りをつけて目を覚まさせる

  • 親はイライラしない

     ○親のストレスに赤ちゃんは敏感に反応する
       親は適度にストレスケアを行う

  •  

    夜泣きへの対処について

     

    赤ちゃんの夜泣きに、親はストレスを抱えやすいものです。

     

    このため赤ちゃんへの対処も、キツイ物になることが──。

     

    赤ちゃんのことだけでなく、親は自分の心のケアも心がけることが必要といえるでしょう。

    【スポンサーリンク】