赤ちゃんの夜泣きSOS

このエントリーをはてなブックマークに追加   

新生児の夜泣きはいつから始まるの?

新生児の夜泣きは、いつから始まるのでしょう?

3歳の夜泣き

 

新生児の頃というのは夜中に授乳が必要なため、多くの母親が疲れた顔をしている時期でもあります。

 

やがて生後3ヶ月ぐらいになると、授乳の間隔が伸びてきます。そして夜に1度も起きなかったという日が訪れますが──しばらく経つと夜泣きが始まります。

 

夜泣きと異常がある時の違いは?

 

そもそも夜泣きと、異常があって泣いている時とをどのように見分ければ良いのでしょう?

 

夜泣きの特に分かりやすい特徴をまとめると──。

 

夜泣きの特徴
  • スムーズに眠った後で、夜中になり急に泣き出した
  • 不機嫌になる理由が無く泣きだした
  • 夜中に何度も泣く

 

特に異常が見当たらず、これらの特徴があれば夜泣きの可能性が高いです。

 

新生児の夜泣きはいつから始まるのか?

3歳の夜泣き

 

新生児の夜泣きというのは、早ければ生後3カ月目から始まります。

 

ですが多くの新生児は、生後6ヶ月目〜生後1年目の間に夜泣きが始まることが多いようです。

 

その後、多くの赤ちゃんは1歳の後半に入ると夜泣きしなくなります。

 

その夜泣きには理由があるかも

3歳の夜泣き

 

新生児の夜泣きには、理由が無い場合が多いです。と、いうよりも理由が無いのが夜泣きとも言えます。

 

ですが日中の過ごし方により感じたストレスが、夜泣きの原因になることがあります。

 

生後4ヶ月目での夜泣きであれば、睡眠の習慣を見直すと夜泣きが治まることがあります。

 

この場合、日中の赤ちゃんの生活習慣を見直して下さい。

 

例えば、朝は一定の時間帯に日光を浴びせ、昼には運度をさせて、夜のある時間帯になったら寝かしつける。

 

このように赤ちゃんの生活サイクルに、一定のパターンを与えると睡眠の習慣にも良い影響が出ます。

【スポンサーリンク】

関連ページ

夜泣きの対処法(新生児)
赤ちゃんの夜泣き……大変ですよね。お母様の中にはノイローゼになってしまう方もいらっしゃるほど。負担を減らす良い方法はないか?そう考えても正しい知識がなければ対策の打ちようがありません。当サイトを利用して、夜泣きに関する正しい知識を勉強してみましょう。きっと夜泣きへの負担が軽減するハズです。