夜泣きSOS!赤ちゃんを育てるママさん知っていますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

夜泣きの対処方法について

夜泣きの対処方法は、大きく分けると2種類になります。

夜泣きの対象法と放置

 

まず、泣いた赤ちゃんをあやすなどして泣きやませる方法。もう一つは、夜泣きの原因を解決する方法。

 

この両方を知ることで、夜泣きに対処していくことになります。

 

どちらが欠けても良い結果にはなりませんので、両方をチェックしておきましょう。

 

 

↓↓ 夜泣きの対処方法に関する詳細記事一覧はこちら ↓↓

夜泣きの対処方法記事一覧

赤ちゃんの夜泣きは、親にとってはかなり辛いです。夜泣きの直接の原因は、未だに解明されておりません。ですが、何がキッカケで赤ちゃんが夜泣きをするのかというのは、いくつか候補が挙げられます。赤ちゃんが夜泣きをするタイミング赤ちゃんは、睡眠を取るのが苦手です。本来であれば、深い睡眠と浅い睡眠とが交互にくるのですが、赤ちゃんの場合はこの睡眠のリズムが整っておりません。深い睡眠から浅い睡眠へと変わった瞬間に...

夜泣きの対処法として、放置するという方法があります。日本人というのは、赤ちゃんにかまいすぎると言われており、夜泣きの原因の一つとなっています。親があかちゃんをかまい過ぎるため、泣けば親が来てくれると学習している場合があります。この場合、夜泣きの放置を考えなければなりませんよね。夜泣きの放置について夜泣きを放置するコツは、少しずつ赤ちゃんと距離を置くことです。さらに夜中の授乳や、添い寝を避けることも...

赤ちゃんが夜泣きをする時期は、いつまでなのでしょうか?夜泣きを赤ちゃんが始めるのは、生後4ヶ月目〜6ヶ月目ぐらいという場合が多いです。ですが夜泣きが終わる時期というのは、赤ちゃんごとに違います。ある赤ちゃんは1ヶ月ほどで夜泣きが終わったけど、別の赤ちゃんは3歳になっても夜泣きが続いている──。このような事があります。ですから夜泣きが終わる時期というのは、赤ちゃんの個性次第といわれています。赤ちゃん...

赤ちゃんの身体が発達すると、寝返りをするようになります。これだけなら成長を素直に喜べるのですが、寝返りが夜泣きの原因になることも──。寝返りについて大きな寝返りというのは、大人であれば深い眠りから浅い眠りに切り替わるときに行います。一方で赤ちゃんの場合は、睡眠関連の発達が未熟。このため赤ちゃんの場合は、眠りの深さに関係なく大きな寝返りを行います。ですが、やはり大人と同様に深い眠りから浅い眠りに切り...

赤ちゃんの多くは、一定の年齢になると夜泣きを始めます。このため住んでいる場所によっては、ご近所の方とトラブルになることも。特にアパートの場合は、赤ちゃんの夜泣きが隣に聞こえやすいですよね。さて、夜泣きをする赤ちゃんがいる場合、アパートでトラブルを避けるにはどうすれば良いのでしょうか?アパートで赤ちゃんの夜泣きによるトラブル回避アパートに住んでいる場合、赤ちゃんんが夜泣きをする時期に入ったら以下のよ...

赤ちゃんの夜泣きは、お母さんにとって悩みの種。そんな夜泣きが最も酷くなるのはいつでしょうか?赤ちゃんの夜泣きのピーク赤ちゃんの夜泣きは、生後2ヶ月目〜3ヶ月目から始まります。そして夜泣きがピークとなるのは、生後8ヶ月目〜9ヶ月目。夜泣きのピークになると、毎日夜泣きを繰り返すこともありますし、朝まで泣き続けるということも──。この時期のお母さんは、ストレスが凄くなります。感覚が麻痺したり無力感を感じ...

夜泣きを放置するというのが良いとされつつあります。と、いっても放置するというのは、ほったらかすという意味ではありません。夜泣きを放置するというのは、夜泣きの時に親が過度に干渉しないようにして赤ちゃんの訓練をするという意味です。海外で当たり前な夜泣きの放置夜泣きの放置は、海外だと当たり前のこととして扱う国もあります。日本人の子育てを海外では干渉しすぎていると捉えているそうですよ。とうぜん海外では赤ち...

夜泣きにアロマオイルを使う場合、少し注意が必要ですよね。赤ちゃんは大人と比べて、内臓や皮膚が弱いですから。このため、日本アロマ環境協会のガイドラインでは、”3歳未満の乳幼児には、芳香浴法以外はおすすめしていません。”と、されています。もちろん、芳香浴の全てが良いというわけではないので、やはり注意は必要ですが──。芳香浴とは?芳香浴とは何か簡単に言えば、アロマオイルの香りを部屋に拡散させ、息をする事...