赤ちゃんの夜泣きSOS

このエントリーをはてなブックマークに追加   

赤ちゃんが夜泣きをする時期はいつまで?

赤ちゃんが夜泣きをする時期は、いつまでなのでしょうか?

3歳の夜泣き

 

夜泣きを赤ちゃんが始めるのは、生後4ヶ月目〜6ヶ月目ぐらいという場合が多いです。

 

ですが夜泣きが終わる時期というのは、赤ちゃんごとに違います。ある赤ちゃんは1ヶ月ほどで夜泣きが終わったけど、別の赤ちゃんは3歳になっても夜泣きが続いている──。

 

このような事があります。

 

ですから夜泣きが終わる時期というのは、赤ちゃんの個性次第といわれています。

 

赤ちゃんの夜泣きの頻度は?

3歳の夜泣き

 

赤ちゃんの夜泣きは、毎日行われるという事はまずありません。

 

睡眠サイクルが落ち着くと共に、徐々に夜泣きの頻度は減っていきます。

 

この睡眠サイクルが落ち着く現象ですが、早くに睡眠サイクルが落ち着くように促すことが可能です。

 

睡眠サイクルを早く落ち着かせる方法

 

赤ちゃんは、睡眠サイクルを落ち着かせることで夜泣きの頻度が減ります。

 

そして睡眠サイクルを落ち着けるには、生活リズムを整えることが鍵となります。

 

生活リズムを整えるというと、少し難しいように感じられるかもしれませんね。

 

ですが生活リズムを整えるという事は、一言でいえば健康的な生活を赤ちゃんに送ってもらうということです。

 

赤ちゃんの生活リズムを整えるために、以下のようなことを行ってみましょう。

 

赤ちゃんの生活リズムを整えるには?
  • 朝7時には窓を開けて朝日を浴びさせる
  • 昼に遊ばせて体を動かさせる
  • 夕方になったら静かに過ごさせる
  • 入浴後は眠らせる

 

このような点に気を付けることで、赤ちゃんの夜泣きの頻度は下がることが多いようです。

 

更に眠らせるとき、睡眠の儀式を行うとグッスリと眠ってくれるようになります。

 

睡眠の儀式

 

睡眠の儀式と言っても、怪しいことをするわけではありません。

 

赤ちゃんが眠る時に、マッサージをしてあげたり子守歌を歌ってあげたりするだけです。

 

毎回、眠る時に同じ儀式を行う事で、赤ちゃんは条件反射的に眠るようになります。

【スポンサーリンク】

関連ページ

赤ちゃんの夜泣き!原因は何?
赤ちゃんの夜泣き……大変ですよね。お母様の中にはノイローゼになってしまう方もいらっしゃるほど。負担を減らす良い方法はないか?そう考えても正しい知識がなければ対策の打ちようがありません。当サイトを利用して、夜泣きに関する正しい知識を勉強してみましょう。きっと夜泣きへの負担が軽減するハズです。
夜泣きの対処法!放置するこの方法を実践してみよう
赤ちゃんが夜泣きをする原因は、親のかまい過ぎであることがあります。これは赤ちゃんが、泣けば親が来てくれることを学習してしまった状態です。このような状態になったら、夜泣きの放置を行わなければなりません。今回は正しい夜泣きの放置方法をまとめました。ぜひ、お役立て下さい。
赤ちゃんの夜泣き!寝返りで何度も起きる場合は?
赤ちゃんの夜泣き……大変ですよね。お母様の中にはノイローゼになってしまう方もいらっしゃるほど。負担を減らす良い方法はないか?そう考えても正しい知識がなければ対策の打ちようがありません。当サイトを利用して、夜泣きに関する正しい知識を勉強してみましょう。きっと夜泣きへの負担が軽減するハズです。
赤ちゃんの夜泣き!アパートのトラブルを避けるために
赤ちゃんの夜泣き……大変ですよね。お母様の中にはノイローゼになってしまう方もいらっしゃるほど。負担を減らす良い方法はないか?そう考えても正しい知識がなければ対策の打ちようがありません。当サイトを利用して、夜泣きに関する正しい知識を勉強してみましょう。きっと夜泣きへの負担が軽減するハズです。
赤ちゃんの夜泣きがピークになるのは何ヶ月目?
夜泣きへの対処方法は、大きく分けると2種類になります。1つは、赤ちゃんを泣きやませるための対処方法。もう一つは、夜泣きの原因を取り除く予防とも言える対処方法。このサイトでは、このサイトでは両方の方法をまとめてあります。ぜひお役立て下さい。
夜泣きを放置 どうなるのか心配!
夜泣きを放置するというのが当たり前の国も多いようです。ですが夜泣きの放置が赤ちゃんに悪い影響が出ないのか不安になりますよね。今回は夜泣きの放置で悪影響が出ないのかを調べてみました。
夜泣きにアロマオイル?敏感な赤ちゃんには芳香浴で!
赤ちゃんのお世話で頭を悩ませるのが夜泣き。もし夜泣きが始まれば、翌日は睡眠不足で少しユウツな気分で過ごすことになります。そんな夜泣きですが、中にはアロマオイルを上手に使って、回避をするママも多いようですよ。