夜泣きSOS!赤ちゃんを育てるママさん知っていますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

赤ちゃんの夜泣きがピークになるのは何ヶ月目?

赤ちゃんの夜泣きは、お母さんにとって悩みの種。

 

そんな夜泣きが最も酷くなるのはいつでしょうか?

 

赤ちゃんの夜泣きのピーク

夜泣き

 

赤ちゃんの夜泣きは、生後2ヶ月目〜3ヶ月目から始まります。

 

そして夜泣きがピークとなるのは、生後8ヶ月目〜9ヶ月目。

 

夜泣きのピークになると、毎日夜泣きを繰り返すこともありますし、朝まで泣き続けるということも──。

 

この時期のお母さんは、ストレスが凄くなります。

 

感覚が麻痺したり無力感を感じたりと、かなり深刻な状態になることもあります。

 

ピーク時の夜泣きの原因

夜泣き

 

赤ちゃんの夜泣きがピークとなる、生後8ヶ月目〜9ヶ月目。

 

この時期というのは、赤ちゃんがつかまり立ちを覚えたりします。

 

それに行動の範囲が広がることで、日中に変わったことが起きやすくなりますし、出来るようになることも増えます。

 

このため赤ちゃんの脳は、多くの情報を蓄えることにまりますよね。

 

ですが夜になり眠りにつくと、赤ちゃんの脳はこれらの情報を整理するのですが、そのときに刺激を受けてしまい赤ちゃんが目覚めてしまい夜泣きとなります。

 

あと面白い遊びをしたことで、脳が興奮して寝付けなくなり夜泣きになることもあります。

 

ピークを迎えた夜泣きに出来ることは?

 

ピークを迎えた赤ちゃんの夜泣きは、泣きやまない時は全く泣きやみません。

 

そのようなときは、”朝まで泣きやまなかったら仕方がない!”。

 

このように諦めてしまう必要があります。

 

諦めることで、ストレスの蓄積を防ぐためです。

 

”どうしようもないこと”を”どうにかしようとする”。これって苦労するだけで得る物は全くありません。

 

ですから、夜泣きに対して出来ることを行った後は、どうしようもないと思ったら諦めてしまい、別の出来ることに心を向けた方が良いのです。

 

諦める前に行いたいこと

 

赤ちゃんの夜泣きは、親のイライラを感じ取って余計に酷くなることがあります。

 

ですから諦めることも大切なのですが、諦める前に出来ることもあります。

 

一番重要なのは、赤ちゃんの気持ちを切り替えること。

夜泣き

 

夜泣きをしたら、なんとかして布団に押し込めるのではなく、一旦部屋を明るくしてみましょう。

 

そして音楽を聞かせたりします。

 

それでも気分が変わらない場合は、おんぶしたりしてゆっくり歩きながら部屋を出たりすると良いでしょう。

 

あとは車でドライブに連れて行くという方法もあります。

 

とにかく、赤ちゃんの気分を切り替えさせることが重要です。

 

日中にできること

 

生活リズムを整えることで、赤ちゃんの夜泣きが軽減することがあります。

 

朝は日光に当てて、昼は遊ばせ、夜は定時に眠らせる。

 

昼に遊ばせるとき、人が多い場所は脳への刺激が強すぎるので避けましょう。

 

代わりに川辺などのゆったりした感じの場所で、散歩したりすると良いでしょう。

 

このような場所に行くことで、赤ちゃんだけでなくお母さんも落ち着くのでオススメですよ。

【スポンサーリンク】

関連ページ

赤ちゃんの夜泣き!原因は何?
赤ちゃんの夜泣き……大変ですよね。お母様の中にはノイローゼになってしまう方もいらっしゃるほど。負担を減らす良い方法はないか?そう考えても正しい知識がなければ対策の打ちようがありません。当サイトを利用して、夜泣きに関する正しい知識を勉強してみましょう。きっと夜泣きへの負担が軽減するハズです。
夜泣きの対処法!放置するこの方法を実践してみよう
赤ちゃんが夜泣きをする原因は、親のかまい過ぎであることがあります。これは赤ちゃんが、泣けば親が来てくれることを学習してしまった状態です。このような状態になったら、夜泣きの放置を行わなければなりません。今回は正しい夜泣きの放置方法をまとめました。ぜひ、お役立て下さい。
赤ちゃんの夜泣きはいつまで?
赤ちゃんの夜泣き……大変ですよね。お母様の中にはノイローゼになってしまう方もいらっしゃるほど。負担を減らす良い方法はないか?そう考えても正しい知識がなければ対策の打ちようがありません。当サイトを利用して、夜泣きに関する正しい知識を勉強してみましょう。きっと夜泣きへの負担が軽減するハズです。
赤ちゃんの夜泣き!寝返りで何度も起きる場合は?
赤ちゃんの夜泣き……大変ですよね。お母様の中にはノイローゼになってしまう方もいらっしゃるほど。負担を減らす良い方法はないか?そう考えても正しい知識がなければ対策の打ちようがありません。当サイトを利用して、夜泣きに関する正しい知識を勉強してみましょう。きっと夜泣きへの負担が軽減するハズです。
赤ちゃんの夜泣き!アパートのトラブルを避けるために
赤ちゃんの夜泣き……大変ですよね。お母様の中にはノイローゼになってしまう方もいらっしゃるほど。負担を減らす良い方法はないか?そう考えても正しい知識がなければ対策の打ちようがありません。当サイトを利用して、夜泣きに関する正しい知識を勉強してみましょう。きっと夜泣きへの負担が軽減するハズです。
夜泣きを放置 どうなるのか心配!
夜泣きを放置するというのが当たり前の国も多いようです。ですが夜泣きの放置が赤ちゃんに悪い影響が出ないのか不安になりますよね。今回は夜泣きの放置で悪影響が出ないのかを調べてみました。
夜泣きにアロマオイル?敏感な赤ちゃんには芳香浴で!
赤ちゃんのお世話で頭を悩ませるのが夜泣き。もし夜泣きが始まれば、翌日は睡眠不足で少しユウツな気分で過ごすことになります。そんな夜泣きですが、中にはアロマオイルを上手に使って、回避をするママも多いようですよ。