赤ちゃんの夜泣きSOS

このエントリーをはてなブックマークに追加   

夜泣きって、いつからいつまでなの?再発して不安なママさんに

赤ちゃんの夜泣きは、生後4ヶ月目〜6ヶ月目から始まることが多いとされています。

3歳の夜泣き

 

ですが赤ちゃんの夜泣きが、いつまで続けば終わるのかには、個人差があります。

 

夜泣きが始まって1ヶ月でピタッと夜泣きが終わる赤ちゃんもいます。ですが夜泣きが1年以上続く赤ちゃんもいます。

 

さらに言えば、夜泣きが終わったと思ったのに、しばらく経ってから再び夜泣きが再発する赤ちゃんもいます。

 

今回は、夜泣きの再発について書かせて頂きます。

 

赤ちゃんの夜泣きの再発について

3歳の夜泣き

 

赤ちゃんの夜泣きがいつまで続くかは、赤ちゃんの個性次第です。

 

ですが夜泣きの再発は、病気などが無いのならストレスによる場合が多いようです

 

赤ちゃんの夜泣きの原因となるストレス

 

赤ちゃんの睡眠サイクルが落ち着くと、夜泣きの頻度は減っていき最終的には夜泣きが全くなくなります。

 

ですが睡眠のサイクルが落ち着いても、赤ちゃんの脳というのは刺激に敏感なままです。このため些細なことで赤ちゃんの脳は刺激を受けたり、ストレスを感じたりします。

 

例えば──

 

赤ちゃんのストレス例
  • 知らない場所に長い時間いた
  • たくさんの人のいる場所に行った
  • 弟や妹が生まれた
  • 引越しをした

 

こういったストレスによって、赤ちゃんの夜泣きが再発をすることがあります。ですから夜泣きが再発したら、日中の出来事を思い返してみて下さい。何らかのストレス要因が見つかるかもしれません。

 

ストレスが原因で夜泣きをしたら

 

ストレスが原因で赤ちゃんが夜泣きをしたら、ストレスの解消が重要となります。

 

一番の特効薬は、寝るまで手を握っていてあげるなどのスキンシップをしてあげることです。

 

赤ちゃんの夜泣きが頻繁に起こる場合は、一定の手順に従って放置をすることが必要となることがあります。

 

ですが、この夜泣きの再発は一時的なストレスによる物なので、手を握っていてあげても問題はないでしょう。

 

もちろん翌日からは、赤ちゃんにストレスを与えない配慮も必要です。

 

それに睡眠サイクルが崩れないように、朝はいつもどおりの時間に日光に当てて、昼には体を動かし──など、生活のサイクルを崩さないように注意しましょう。

【スポンサーリンク】

関連ページ

夜泣きの対処法!4ヶ月目の赤ちゃんが泣きやむ方法はコレ
赤ちゃんの夜泣き……大変ですよね。お母様の中にはノイローゼになってしまう方もいらっしゃるほど。負担を減らす良い方法はないか?そう考えても正しい知識がなければ対策の打ちようがありません。当サイトを利用して、夜泣きに関する正しい知識を勉強してみましょう。きっと夜泣きへの負担が軽減するハズです。