夜泣きSOS!赤ちゃんを育てるママさん知っていますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

夜泣きの対処法!6ヶ月目の夜泣きにはこう対処しよう

夜泣きを、生後6ヶ月目の赤ちゃんがしている。

夜泣きの対処

 

このような場合、どのように対処をすれば良いのでしょうか?

 

生後6ヶ月目の夜泣き対処法

 

生後6ヶ月目の赤ちゃんであれば、以下のように夜泣きへの対処を行いましょう。

 

これらの対処法を行うと、赤ちゃんが落ち着くことが多いようです。

 

生後6ヶ月目の夜泣き対処法
  • 歯固めを使う

     生後6ヶ月目は歯が痛くなったりムズムズする
     以下が確認出来たら歯固めを使う
     歯茎に盛り上がりがある場合
     白い歯が見え始めている
     歯固めは冷やして使う

  • 抱いて軽く背中を叩く

     ゲップをして落ち着いたりする

  • 一度完全に目を覚まさせる

     電気をつけて遊ばせるなどする
     または赤ちゃんが好きなDVDや音楽を使う

  • 手を握る

     軽くスキンシップを摂るだけで落ち着くことがある

  • 抱っこしたりおんぶしたりする

     抱っこするなどしてゆっくり歩く
     このとき歌うと尚のこと良い

  • 添い寝をする

     生後6ヶ月目は母親への依存度が高い

  • 車でドライブする

     気分転換になる
     なるべく明る過ぎず静かな道を走行する

 

生後6ヶ月目の夜泣きについて

 

生後6ヶ月目になると、歯が出てきますよね。

 

このため、歯茎に痛みや違和感を感じて目を覚ましてしまうことがあります。

 

この辺りが、他の年齢の夜泣きと大きく違うことかもしれません。

【スポンサーリンク】