赤ちゃんの夜泣きSOS

このエントリーをはてなブックマークに追加   

生後7ヶ月の夜泣きは放置が正しいって本当?

生後7ヶ月になると赤ちゃんは、夜泣きをするようになります。

 

このとき、放置せず添い寝や添い乳をしましょうという人もいますが──そうとは限りません。

 

赤ちゃんの夜泣きに付き合い続けると、母親は寝不足による頭痛や吐き気を経験することになります。このことも問題ですが、夜泣きに添い寝や添い乳で対応すると赤ちゃんにも問題が起こります。

 

生後7ヶ月目は自我が芽生える時期

 

生後7ヶ月目というのは、赤ちゃんに自我が芽生えたり生活にリズムが出てくるなど、色々な変化が見られる時期です。

 

昼であれば活動的になり、同時に夜になると夜泣きが始まる時期でもあります。

 

赤ちゃんが泣いても慌てない

 

生後7カ月目になると、赤ちゃんが夜泣きを始めます。
ですが、子育ての経験がないお母さんは、これまで何も無かったのに突然始まる赤ちゃんの夜泣きに慌てるものですが、異常や不快なことが見当たらないのなら、まずは冷静になりましょう。

 

赤ちゃんは、明確な理由がなくても泣くものですから。

 

あと、生後7ヶ月目の赤ちゃんは自我ができると共に、色々と学習するようになる点にも注意しましょう。夜泣きをするたびに赤ちゃんの所に行くと、”泣けばお母さんが来てくれる”と学習してしまいますから。

 

夜泣きでお母さんを呼ぶ赤ちゃん

 

赤ちゃんが夜泣きするのに、特別な理由はありません。
それでも良いお母さんであることを脅迫的に求められる環境の場合、赤ちゃんと添い寝したり添い乳したりする方が、多くいらっしゃるようです。

 

ですが、必要以上に赤ちゃんの夜泣きに付き合うと、先に書いたように赤ちゃんに悪影響が出る可能性があります。

 

夜泣きに付き合うことから生じる悪影響

 

生後7ヶ月前後になると、赤ちゃんが夜泣きを始めます。このとき赤ちゃんの夜泣きに付き合い続けると、以下のような悪影響が出ます。

 

生後7ヶ月の夜泣きに付き合う悪影響
  • 胃痛
     ○添い乳をするとゲップをしないまま赤ちゃんが寝る
     ○→遺産が上がり胃に痛みが生じる
     ○夜泣きした赤ちゃんが母乳を欲しがるのは落ち着くから
     ○→お腹が空いているとは限らない
  • 夜泣きの期間が伸びる
     ○泣けば母親が来てくれると赤ちゃんが学習してしまう
     ○→夜泣きが終わる時期を過ぎても、夜泣きをして母親を呼ぶ

 

生後7ヶ月目の赤ちゃんの夜泣きは、少なくともこれらの悪影響があります。

 

更に母親にストレスが溜まるから子育てに悪影響が出るでしょうし、家庭環境もギクシャクして赤ちゃんにストレスを与えることでしょう。

 

生後7ヶ月の夜泣きを放置

 

生後7ヶ月から赤ちゃんは、夜泣きを開始します。ですが理由なく泣いている場合が多いのが現状です。よって、夜泣きは放置しても良いと言われています。

 

ただ生後5ヶ月目までは、ミルクが欲しくて夜中に泣く赤ちゃんも多いので、放置は6ヶ月目以降でないと効果がないとされています。

 

これまで夜泣きのたびに、赤ちゃんの下に走っていた母親にとって放置は精神的に辛いかもしれません。

 

なにせ、泣く赤ちゃんを放置するのですから。

 

赤ちゃんを放置するなんてとんでもない!とお考えなら

 

どうしても赤ちゃんを放置できない!

 

そうお考えの方は、赤ちゃんを見てくれる医師に、相談してみるのも良いかもしれません。

 

専門家に質問することで、多くのことを教えてもらえるハズですし、なによりも安心して指示に従えますから。

【スポンサーリンク】

関連ページ

生後7ヶ月の夜泣きはいつまで続くの?5つの原因に注意!
赤ちゃんの夜泣き……大変ですよね。お母様の中にはノイローゼになってしまう方もいらっしゃるほど。負担を減らす良い方法はないか?そう考えても正しい知識がなければ対策の打ちようがありません。当サイトを利用して、夜泣きに関する正しい知識を勉強してみましょう。きっと夜泣きへの負担が軽減するハズです。