夜泣きSOS!赤ちゃんを育てるママさん知っていますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

生後7ヶ月の夜泣きはいつまで続くの?5つの原因に注意!

生後7ヶ月の夜泣きは、いつまで続くのかというと個人差があります。

 

ですが個人差があるというだけでは、答えになっていませんので平均的な例をお伝えします。

 

夜泣きの期間ですが、2ヶ月〜3ヶ月が基本です。

 

そして夜泣きをしだすのは、7ヶ月目〜8ヶ月目から。終わるのは1歳前というパターンが多いとされています。

 

生後7ヶ月の夜泣きの原因ですが、環境などが原因となって激しくなることがあります。ですから原因についても知っておきましょう。

 

生後7ヶ月の夜泣きの原因

 

生後7ヶ月の夜泣きの原因は、色々とあります。

 

それらを今回は確認してみましょう。

 

生後7ヶ月の夜泣きの原因1.:環境のせい

 

赤ちゃんが寝ている時、騒音や室温が原因で夜泣きをする事があります。

 

夏は汗をかかない程度、冬は25度程度が低気温とされておいります。騒音もなるべく少ない方が言うのは、いうまでもありませんよね。

 

生後7ヶ月の夜泣きの原因2:・昼間の刺激

 

昼間の興奮を夜まで引きずって、夜泣きをしてしまうことがあります。ここでいう興奮というのは、怖いという感情や楽しいという感情などです。またスキンシップ不足が原因となる興奮もありますよ。

 

生後7ヶ月という時期は、昼の影響を受けやすいので注意をしましょう。

 

生後7ヶ月の夜泣きの原因3:.昼間の疲労が不足

 

昼間に遊ぶ時間が少ないと、体が使えないためぐっすりとは眠れません。

 

ですが夕方になってから遊ばせ過ぎると、夜まで興奮を引きずってしまうので、激しい遊びは午前中だけにしましょうね。

 

生後7ヶ月の夜泣きの原因4:生活リズムの乱れ

 

生後7ヶ月の生活リズムは、些細な事で乱れてしまうので、整えるのは大変かもしれません。

 

ですから完全な生活リズムを目指すのではなく、一定の時間に寝かしつけるなど、睡眠から入るのが楽かもしれません。

 

睡眠のリズムを整えるとき、寝る前に行う入眠儀式を作ると、睡眠のリズムを整えやすくなりますよ。

 

生後7ヶ月の夜泣きの原因5:外耳炎など耳の病気

 

耳に湿疹が出来るなどして、夜泣きをする場合もあります。

 

耳の皮膚というのは薄いので、刺激を受けやすくかゆみを強く感じるからです。

 

もし赤ちゃんが耳を気にして良く触るなどするのなら、湿疹を疑って耳の中を確認してみましょう。

【スポンサーリンク】

関連ページ

生後7ヶ月の夜泣きを放置
赤ちゃんの夜泣き……大変ですよね。お母様の中にはノイローゼになってしまう方もいらっしゃるほど。負担を減らす良い方法はないか?そう考えても正しい知識がなければ対策の打ちようがありません。当サイトを利用して、夜泣きに関する正しい知識を勉強してみましょう。きっと夜泣きへの負担が軽減するハズです。