夜泣きSOS!赤ちゃんを育てるママさん知っていますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

夜泣きの対処法! 8ヶ月目の赤ちゃんはこうすれば泣きやむ

夜泣きのピークとされるのが生後8ヶ月目。

夜泣きの対処

 

この時期の夜泣きがピークの時期とされているから、ここを乗り越えれば夜泣きが軽い物になることが多いとされています。

 

もっとも、ピークというだけあって夜泣きが酷くなる時期でもありますが(;´▽`A``

 

生後8ヶ月目の赤ちゃんについて

 

生後8月目は、脳の発達が盛んになる時期。

 

そして自分の欲求をなんらかの形で、表現することが多くなる時期でもあります。

 

欲求を伝える手段として、言葉が使えないため泣くことで伝えているという話もあります。

夜泣きの対処

 

さらにハイハイが始まる赤ちゃんもいますから、夜泣き+盛んに動き回るため、母親のストレスはすごい事になります。

 

ですから、子育てを一生懸命やりすぎないように注意しましょう。

 

日本人というのは、子育てを過剰なまでに真面目に行うと言われています。

 

ですから少し力を抜いても、多くの場合は問題ありませんよ。

 

生後8ヶ月目の夜泣きについて

夜泣きの対処

 

先に述べたように、生後8ヶ月目という時期は脳の発達が著しくなります。

 

このため脳が、外の刺激にこれまでよりも強く反応するようになります。

 

夢というのは、日中の情報を整理する時間ですが、脳が発達するため大量の情報を得た結果、夜中に見た夢が刺激になる程の情報量となることがあります。

 

その結果、脳が興奮してしまい夜泣きをすることも多いようです。

 

夜泣きをした8ヶ月目の赤ちゃんへの対処方法

 

生後8ヶ月目の赤ちゃんが、夜泣きをした場合どのように対処をすれば良いのでしょうか?

 

夜泣きをした場合、以下のように対処すれば泣きやむことが多いですよ。

 

8ヶ月目の夜泣きへの対処方法
  • 体を温める

     太ももや足の裏をさすって温める
     昼間に多量の水分を与えて体を冷やし過ぎない
     靴下を極力履かせない

  • 安心させる

     夜泣きをしたら抱っこしたりする
     優しく声をかけてあげる

  • 抱っこして少し歩く

     家の中をゆっくりと歩くと落ち着く

  • 温かい物を飲ませる

     体を温められる

  • 生活のリズムを見直す

     決まった時間に朝日を浴びさせる
     日中はしっかりと体を動かさせる
     お風呂は決まった時間に入れる
     お風呂に入ったらすぐに寝かせる

  • 車に乗せてドライブに行く

     車の振動などで大概は眠ります

  • 胎音を聞かせる

     母親のお腹の中にいた頃の音は心を落ち着かせます
     CDでもありますしネットで無料で出ていたりします

 

夜泣き対処の基本は?

 

赤ちゃんの年齢に関わらず、夜泣きへの対処方法の基本は、赤ちゃんを安心させることです。

 

色々とある対処方法は、その多くが赤ちゃんを安心させるという1点のためにあります。

 

夜泣きの対処法に迷った時には、どうすれば赤ちゃんが落ち着くのか考えると、良いアイデアが浮かびますよ。

【スポンサーリンク】