夜泣きSOS!赤ちゃんを育てるママさん知っていますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

夜泣きの対処!9ヶ月目の夜泣きを乗り越えるには?

夜泣きの対処方法を考えた場合、8ヶ月目辺りがピークとなって、9ヶ月目となると親のストレスがかなり溜まっているころ。

夜泣きの対処

 

赤ちゃんというのは、よく観察しているもので親がストレスを溜めこんでいると、その事に気付きます。

 

そして赤ちゃんのストレスが溜まり、機嫌が悪くなったり夜泣きの原因になったりします。

 

ですから、生後9ヶ月目の夜泣きについては、ストレスが溜まっていないか自分自身を親がチェックする必要があります。

 

生後9ヶ月目の夜泣きの特徴

 

生後9ヶ月目は、脳の発達が8ヶ月目から引き続き顕著になっている時期です。

 

このため8ヶ月目と同様に、日中に脳が情報を大量に集めて、夜になると夢の中で情報を整理する結果、脳が興奮してしまい真夜中に目を覚まして夜泣きをやすい時期です。

 

ですが情報による脳への刺激は、赤ちゃんの発育に大切ですから、情報を遮断するわけにはいきませんよね。

 

とりあえず生活リズムを整える

夜泣きの対処

 

生後9ヶ月目の赤ちゃんが夜泣きをする場合、生活のリズムが整っていない場合があります。

 

ですから朝は決まった時間に日光に当て、昼はしっかりと遊ばせて体を動かさせ、夜は決まった時間にお風呂に入れて、体が温かいうちに布団に入れましょう。

 

これは大人にも言えることですが、人間は生理的に温まった体が冷えると、眠気を感じるものです。

 

それに体が疲れていれば、グッスリと眠れますよね。

 

ここまでが、夜泣きの対策。

 

次は夜泣きの対処法です。

 

生後9ヶ月の夜泣きの対処法

 

生後9ヶ月の赤ちゃんが夜泣きをしたら、とにかく気持ちを切り替えさせるなどして、最終的に安心させることが大切です。

 

夜泣きをしたら、以下のようなことを行ってみましょう。

 

 

生後9ヶ月目の夜泣き対策
  • 1度完全に目を覚まさせる

     部屋の明りをつけるなどする

  • 赤ちゃんを抱っこして歩く

     ゆっくりと歩くと良い
     声をかけながら歩くと効果がたかまる

  • 胎音を聞かせる

     胎音とは母親のお腹の中の音
     CDなんかであるしネットでも無料である

  • 体を温める

     温かい飲み物を飲ませる(虫歯になりにくい物)
     太ももや足の裏をさする

  • 車でドライブ

     大変だけど高確率で眠る

 

生後9ヶ月の夜泣き対処について

 

生後9ヶ月目は、8ヶ月目に引き続き、夜泣きがピークになるとされる時期。

 

大変な時期ですから、先に書いたようにストレスが溜まりやすい時期でもあります。

 

しっかりとストレスケアを行いましょうね。

【スポンサーリンク】